万年筆への想い

万年筆への想い
「伝えたい!」

かいて伝えるために必要なのは中に入れるインクです。

選んだ万年筆にどんなインクを入れましょうか?!

伝える内容によって選ぶインクも違ってきます。
大好きな方・大切な方へ思いを伝えたいなら美しい色のインクがおススメです。

美しい色も様々。選ぶ楽しみも増えますね。
また、勉強や仕事のシーンでも黒系のインクを主として使い、さし色をカラーインクで遊ぶのもまた楽しいものです。

そんなあなたのために、ブングボックスでオリジナルインクを多数ご用意させて頂いております。
色合いやネーミング、ラベルにもとことんこだわりました。

お店のある御前崎という気候や風土、季節の風物など、Kaoru店長が五感を通して考え出された色に、スタッフ(イラストレーター)の愛矢子(あやこ)が、基本その色のみを使って描いてくれた絵をラベルにあしらっております。

他にはない逸品。
『伝える』ためにぜひご利用ください。

「のこしたい!」

こんなにすばらしい万年筆という道具を、後世に残していきたい!と思っています。

それには、大人だけでなく子どもがもっと万年筆を使う機会を持てたらと思うのです。

かいて伝えるという行為は人だけに与えられた能力です。
デジタル化がどこまで進むかはわかりませんが、人として大切にしなければいけないもののひとつを、万年筆でもって残していけたら…そう思うのです。

ブングボックスは『万年筆でかいて伝える事をのこしていく』ために社会的な活動もしていきたいと思っています。

まだ、万年筆を知らない人や一度は使ったけれど忘れている人などに万年筆と接する機会をもって頂ければと思い、「万年筆Cafe」などの活動も始めています。

小学校の放課後クラブなどでも、子供用の万年筆を使って頂けるような働きかけも始めました。
日本国内だけでなく、世界中の子どもたちにも伝えていけたらと考えています。

万年筆でかいて伝えることをのこすことで世界中の人々ライフスタイルもより豊かなものになるはずです。