Pick up


第3回目 おすすめ商品 ペリカン

PickupPickup
今年、2016年10月2日から7日まで、私、薫店長は初めてドイツのハンブルグを訪れることが出来ました。目的はハンブルグで開催されるペンショーに行く事とペリカン社の工場と本社を見学する事でした。ペリカンの製品は、BUNGUBOXのお店でも高い比率で並んでいます。
その理由は、製品の品質の良さ、デザインのセンス、そして絶え間なく限定品や新製品を送り出すパワーとその製品に対する自信と責任感に魅力を感じるからです。
また、当店にはペリカンのファンが多くいます。皆様もペリカンの万年筆に対して同じような思いをもっているのではないでしょうか?
工場では、施設管理及び品質管理の長である ダンディーなChristian Ehlersさんが、パワーポイントでペリカンの歴史を教えてくださいました。
ペリカン社の歴史は、科学者のカール・ホーネマンが油絵具や水彩絵の具そしてカラーインクの製造から始まります。1838年4月28日に最初の価格表が作成され、その日を会社の創立日としました。今から178年前です!
その後は実際に作られている工程を可能な限り説明してくださり、拝見する事が出来ました。

ペリカン本社では、その歴史を感じる素晴らしい建物を拝見しながら、「ペリカン社の生き字引」と言える、御年87歳のDittmerさんから第二次世界大戦前後のお話を伺いその後は本社に飾ってあるアンティーク品などのお宝品を拝見することが出来ました。そこに併設されている売店ではちょっとレアな万年筆も購入することが出来ました。グローバルプロダクトマネージャーのGabrielさんはとても美しい方でしたし、Dittmerさんはとてもジェントルマンで素敵な方でした。大満足!!!

このペリカン訪問で、益々ペリカンの商品が好きになりました!
現在販売中の、M400トータスシェルブラウンを始めとした限定品はもちろん、定番品のスーベレンシリーズや子供用の万年筆など、心よりお勧め致します。
あなたもペリカン社の万年筆を使いませんか!
最後に、このツアーを企画して下さった名古屋のペンランドカフェの高木会長に感謝すると共に同行してくださった皆様にも心より御礼申し上げます。

ペリカンの万年筆はこちら